虫歯治療|歯が欠けた、歯が黒いにお悩みなら|盛岡のさくらだい外川歯科医院へ

虫歯治療

虫歯とは口腔内の虫歯菌が食べ物などの残りかすと結びつき、強力な酸を生み出すことで歯を溶かしてく(脱灰)歯の細菌感染症です。治療せずに放置しておくことでどんどん悪化していく病気です。細菌感染してしまった部分を削って治療しますが、当院ではできるだけ削らない治療をおこなっています。
虫歯は早期発見・早期治療に努めることで、歯へのダメージを抑えることができます。異変に気づいた時点でご相談ください。

虫歯の進行

虫歯になる前の歯(C0)

まだ虫歯になる前の「要注意の歯」状態です。歯の表面がわずかに溶けて白くなる脱灰を起こしています。まだ虫歯にはなっていないものの、放っておくと虫歯になる可能性のある状態です。この段階なら、再石灰化(溶かされた歯の表面を元に戻す作用)を促すことで歯を削ることなく治癒できる場合もあります。

初期の虫歯(C1)

虫歯がエナメル質に留まっているか、象牙質の表面が虫歯に侵された程度のものです。エナメル質が虫歯になると、白っぽくザラザラした感じになり光沢がなくなります。痛みなどの自覚症状はありませんが、進行具合によっては、虫歯になった部分を削る必要があります。

歯が黒くなる、痛みが出る虫歯(C2)

虫歯が象牙質内に進行したものです。このあたりから虫歯部分が黒くなります。
歯の神経はまだ侵されていない状態ですが、冷たいものがしみたり、甘いものを食べた時に痛みを感じたりなど、自覚症状が出るようになります。そのままにしていると歯の神経まで虫歯が及ぶ可能性があるので、これ以上虫歯を進行させないことが大切です。

虫歯の黒さも早めの虫歯治療で処置

虫歯によって歯が黒くなったお悩みは、虫歯治療によって解決できます。虫歯になった部分をしっかり取り除き、詰め物や被せ物をします。気になった場合はお気軽にご相談ください。

神経まで達した虫歯(C3)

歯の神経にまで虫歯が達した状態です。虫歯がさらに進行して歯の神経まで感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。根の先まで炎症が達すると、根の先端から外へ炎症が及び、歯肉や頬部が腫れて、膿が出る場合もあります。

根本だけが残った虫歯(C4)

歯の上の部分がほとんど溶けてしまい根っこだけが残された状態です。ここまで虫歯が進行してしまうと、抜歯せざるを得ない場合が多くなります。抜歯後は入れ歯やインプラントになるのですが、失った歯の機能の回復を図るため、それぞれのメリット・デメリットを説明した上で患者さまと一緒に治療法を決めていきます。

歯を失った方へ

虫歯の進行した歯は欠け易くなっている

虫歯の進行によってエナメル質が溶かされてしまっている状態は非常にもろく、欠け易くなっています。
日頃のブラッシング、ホームケアで歯を強くしたり、虫歯治療によって虫歯を除去することが大事ですが、万が一欠けた場合はすぐにご相談ください。

できるだけ削らない治療

細菌感染した歯質のみを削るために、感染歯質だけを染色する「カリエスチェック(う蝕検知液)」という薬品を使います。虫歯菌に感染した象牙質のみを染色し、削るべきところを目で確認することが可能となります。見落としがちな細部の虫歯にも、いち早く気付くことができるのです。虫歯の削り過ぎや取り残し防止になります。

治療後の詰め物

虫歯の治療後には、削った部分の大きさにあわせて詰め物をします。歯の詰め物といえば銀歯やレジンといった保険診療のものがありますが、より丈夫で見た目もよく、金属アレルギーの患者様にも対応している素材の提案もしております。お気軽にご相談ください。

美しく仕上げたい方へ