歯を失った方へ|歯が欠けた、歯が黒いにお悩みなら|盛岡のさくらだい外川歯科医院へ

歯を失った方へ

歯を失っても
食事を楽しめます

重症化した虫歯や歯周病、不慮の事故等で歯を失うことがあります。
歯が抜けた箇所をそのままにしておくと、噛む機能が低下してしまいます。十分に噛めなくなると、満足に食事をとることができなくなってしまい、さらに、噛み合わせが悪くなることで食事からの栄養が取り入れにくくなり、全身疾患につながる危険性が高まるのです。 しかし、歯を失っても様々な治療法を用いることで、引き続き食事を楽しむことも可能です。
ぜひ当院でそのお声をお聞かせください。

失った歯の治療について

もしも歯を失ってしまった場合、人工歯によって失った歯の部分を補うことが可能です。治療方法としては、ブリッジ、インプラント、入れ歯があります。これらはそれぞれにメリット・デメリットがあるため、患者様のご希望やお口の状態によっておすすめする治療法が異なります。

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の前後の天然の歯を削り、その削った両隣の天然歯を支えにして、人工歯の橋を装着する治療法です。しかし、ブリッジは支えとなる前後の歯に負担が大きくかかってしまいます。また、前後の歯が虫歯になってしまっている場合、数年後に歯が割れたり虫歯になることがあります。

Merit

  • 保険が適用されます
  • 外科手術を行わないため手術のリスクがありません
  • 歯に固定するためしっかりと噛むことができます

Demerit

  • 支台となる健康な歯を削る必要があります
  • ブリッジと歯茎との間に汚れがたまりやすくなります
  • 支台歯にかかる負担が大きいです

入れ歯

入れ歯は義歯とも呼ばれており、歯がない部分が2本以上連続していたり、歯が飛び飛びで無い場合の治療法です。部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。入れ歯は人工歯と義歯床で構成され、保険診療の入れ歯だと総入れ歯の場合は厚みが出たり、部分入れ歯の場合は金属の留め金が左右の歯に負担をかけたりすることがあります。自費診療の入れ歯は使える素材が豊富なため、自分に合った入れ歯を作ることが可能です。

入れ歯

Merit

  • 健康な歯をそのまま残せます
  • 治療期間が比較的短いです
  • 保険が適用されます
  • 着脱式なのでお手入れしやすいです

Demerit

  • 保険診療で作製した場合は、違和感があったり見た目が良くない場合があります
  • 取り外してお手入れする手間が増えます
  • ズレたり外れたりすることがあります

インプラント

インプラント治療とは歯を失ってしまった部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工歯を装着する治療方法です。
インプラントで使用する人口の歯は、天然歯と同じような美しさと機能性があり、見た目の美しさを取り戻すことができることに加えて、噛む機能の回復も期待できます。
また、人工歯はセラミックなどでできており見た目が自然ですので、周囲にインプラントと気付かれることはありません。

インプラント