歯周病治療|歯が欠けた、歯が黒いにお悩みなら|盛岡市の【さくらだい外川歯科医院】

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯槽膿漏のことを指し、歯を支えている歯槽骨や歯肉などの歯周組織が歯垢の中に含まれている歯周病菌に感染し、歯槽骨や歯肉が破壊されてしまう病気です。痛みを感じることが少なく、進行すると歯を失ってしまいます。日本人の5人に4人は歯周病といわれるほど身近な病です。

当院ではお口を清潔で健康に保つためにクリーニングを行い、患者様それぞれに適した治療計画を提供させて頂きます。

進行の段階と治療方法

軽度歯周病

歯肉炎が進行して、細菌感染が進んだ状態です。歯茎が腫れたり、歯磨きのときに出血したりします。軽度歯周病では歯茎の炎症に加え、歯を支える骨が溶かされ始めます。この段階になると、歯周ポケットが深くなり、歯垢や歯石が溜まりやすくなります。

歯周ポケットにできた歯石は通常の歯磨きでは落とせないため、スケーラーという専用の器具でスケーリングを行い、歯石や歯垢を除去して歯を綺麗にします。

中度歯周病

歯肉だけでなく、歯槽骨などの歯周組織まで炎症が波及し、歯槽骨などが破壊されてしまった状態です。歯周ポケットがさらに深くなり、中まで歯石が付着しています。歯茎の腫れの他、口臭、冷たいものや熱いもので歯がしみることがあります。

この段階になると、ルートプレーニングを行います。スケーリングでは除去しきれない、歯の根に付着した歯石や歯垢を除去します。

歯周病の黒い歯石もしっかり取り除きましょう

黒い歯石がついてる場合は、歯周病が進行して歯ぐきが腫れ、歯茎の歯周ポケットが深くなっていると考えてよいでしょう。ルートプレーニングで歯周ポケット内の黒い歯石を取り除きます。

重度歯周病

歯槽骨が溶かされ続け、歯がぐらぐらしてきます。そのため食事がしづらくなったり膿が出てきたりします。歯周炎が重度まで進行してしまうと治癒が非常に困難で、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病が重度にまで進んでしまうと、スケーリングやルートプレーニングで改善をはかることが難しくなります。

自骨再生
(歯周病再生治療法)

歯周病は歯の周りにある歯槽骨を吸収してしまうため、病気が進行すると、どんどん歯槽骨が少なくなっていきます。自骨再生治療とは、重症化した歯周病によって歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされてしまった部分の再生を促す治療です。骨の再生治療を行うメリットは、顎の骨が溶かされている部分に骨が造られることにより歯茎が盛り上がり、ブラッシングのしやすい環境をつくることができます。そうすることでプラーク(歯垢)も溜まりにくくなるため、結果として歯周病の進行や再発のリスクを抑えることができるのです。

骨移植

歯周病が進行して骨が溶かされてしまった部分に、自分の骨や人工の骨を移植する方法です。歯肉や歯並び、歯の大きさなどが不揃いになった部分が、骨移植によって改善されます。自分の骨を使った自家骨移植の場合は、患者様ご自身の骨を使用しますので、非常に安全性が高く、移植後もスムーズに体に馴染んでいくことが期待されます。自家骨移植のほかに、自分の骨ではない骨を移植する他家骨移植と、人工的に作られた骨を使う人工骨移植もあります。

以下は、骨移植を行ったケースです。

年齢 60代
性別 男性
治療内容 自家骨造成手術と1歯インプラント補綴
治療期間/回数 7か月
費用 340,000〜410,000円
(消費税別、患者様の保険診療負担金分は含まず)
注意点 自家骨移植による骨造成は4ヶ月程度かかります。

GTR法

歯周病により失った骨欠損部位に、吸収性膜(メンブレン)という特殊な膜を歯肉と骨の間に挿入して、歯周病によって溶けてしまった歯根膜や骨などの歯周組織の再生を促す治療法です。重度の歯周病において歯ぐきを切開し、特殊な膜を設置することで骨の欠損部分に粘膜が侵入するのを防ぎ、歯周組織を回復します。

エムドゲイン

自家骨移植やGTR法と同じように歯周組織を再生させる治療の一つです。歯周組織の再生を誘導するゲル状の薬剤を、歯周組織の再生させる部分に注入して歯周組織を再生する治療法です。一定期間でジェルは体内に吸収されるので除去が不要です。